システムを作る時にプログラミング作業が大変である事や作り上げた時の喜びについて書いてあります。

システムを利用する時は正しい使用を心がける
システムを利用する時は正しい使用を心がける
NAVI
システムを利用する時は正しい使用を心がける

システムを作る時の大変さや喜び

インターネット上にあるHPや企業が仕事を効率良くするために作られた基幹システムは、SEやプログラマーの人達がパソコンにプログラミングをして動きます。プログラミングをする時は、まずお客様の要件を満たした画面のレイアウトや機能が書かれた仕様書と設計書を見て作り始めます。画面のレイアウトを作るのは、HTMLとCSSを使って書けば簡単なのですが、検索や登録する機能を作るのは大変です。一行一行パソコンに命令文を書いて実行するのですが、なかなか自分が思った通りの動きをしてくれません。間違いを探すために数百〜数千行の命令文を一行一行見ていく根気がいる作業をします。

一番大変なのは開発途中の仕様変更です。お客様が操作をして仕様を変更られるのですが、出来あがった物を作り直すのに時間が掛かりますし、変更する事で他のプログラムに影響しないかチェックしたりしないといけないので、かなりの時間が掛かります。そのため、すぐに対応できるように汎用的に作る事が大事になってきます。仕事はつらいですが出来た時の達成感は嬉しいですし、お客様が喜んで頂ければこの上ない幸せを感じる事が出来ます。そして、良い仕事をすればお客様から新しい仕事を頂けるので元気が出てきます。

話題のシステムに関わる話は、ユーザーが多いこのサイトでチェック



Copyright(c) 2018 システムを利用する時は正しい使用を心がける All Rights Reserved.